パーラービースの額製作

とある日

パーラービーズに友達がハマってて子供達の為に妖怪ウォッチのキャラクターをパーラービーズで作ったということをSNSを通して知ったのでした。

パーラービーズという面白い素材を初めて知り

作るのは楽しそうだけど、作ったあとの活用法はどうするんだろって思いました。

で、

ここでヒラメキ

パーラービーズで作ったキャラクターを額に入れて飾ってみてはどうだろう・・

面白いんじゃないかと思って友達に提案。

作ったキャラクターを使わせてくれることになりいよいよ額の作成へ


ちょうどキレイなヒノキの木が余ってたのでそれを使って作ることに

新品のパーラービーズを1つもらって厚み分を計算し無事完成!!

小さな穴を開けてそこからビーズの穴を通して固定しようと、釣り糸を使ってみました

細くて透明、そこまで柔らかくないので通し易かったのですが結ぶのに苦労する(汗)


なんとか固定し、いざ額にいれようとすると・・・


厚みが余るではありませんか!!

計算ミス!?

やってしまったー

と思いましたが

パーラービーズの厚みがバラバラということに気づき

よく考えると、アイロンで溶けた分厚みが薄くなっていました


こんなにも厚みが変わるとは思ってもなく残念な結果に

空いてしまった厚みはベニヤを足して補いました。

一応完成はしましたがパーラービーズ用の額という商品にするには難しいと思った1日でした。